2018年買取価格(売電価格)

住宅用太陽光発電(10kW未満)
種別 規模 2018年度 2019年度 2020年度
太陽光発電
(出力制御対応機器設置義務なし)
10kW
未満
26円24円未定
太陽光発電
(出力制御対応機器設置義務あり)
10kW
未満
28円26円 未定
太陽光発電
(出力制御対応機器設置義務なし、ダブル発電)
10kW
未満
25円 24円 未定
太陽光発電
(出力制御対応機器設置義務あり、ダブル発電)
10kW
未満
27円 26円 未定
ダブル発電とは

蓄電池やエネファームなどの機器を併用し太陽光発電の売電を増やす仕組みを備えている場合です。(例えば、夜間ためた電力を、昼間に売電を増やす等のシステム等)

出力制御対応機器とは

電力会社が、需要と供給のバランスを保つために、売電を制御してしまう装置の事です。つまり、電力会社が売電のための出力を制御してしまうものです。 北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力は、出力制御対応機器の設置が義務付けられています。 ※東京電力、中部電力、関西電力は、出力制御の義務化対象外です。

非住宅用太陽光(10kW以上〜2,000kW未満)
電源 規模 2017年度 2018年度
太陽光発電 10kW以上〜2,000kW未満21円+税18円+税
住宅用 1104追加(産業新聞ランキング訴求)

このページの先頭へ